ロングアイアンは初心者にとってはとても難しく感じるアイアンです。
そして払うのか、打ち込むのか、これも悩む部分ですよね。

正解はクラブによる

これが正しい答えだと思います。
以前は(かなり前)はアイアン自体のスウィートスポットが
高い位置にあったので、アイアンは打ち込んだ方が
つかまりやすい状態でした。

昔の名器と呼ばれるアイアンは間違いなくスウィートスポットが
高い位置にありました。

今になって思うのは

見栄が先行していたのかなと思います。
ソールが厚いアイアンは初心者が使うもの。

こんな都市伝説みたいな事が言われていました。

昔のブランドでいうと、HONMAやパワービルトなんかは
難しいクラブと言われていた気がしています。

そしてプロは鉛を付けて芯の位置を調整したりしていると聞いた事もあります。

重心が低い易しいクラブを使えばいいだけなんですよね。
当時はソールが薄いアイアンがキャリーバッグからのぞいていると

「あ、この人上級者なんだな」と思ったものです。
そんな上級者に限って、難しい言葉を使って
私のような初心者の目をごまかすww

よく聞いた言葉は
ダフっただけなのに

「噛んだ」という人。

最初の頃はよくそんな聞いたことがないような
上級者の「言葉のワザ」に騙されていました。

薄いソールのアイアンという見栄を取り払った頃から
私個人は、少しずつスコアがまとまってきました。

修行じゃないんだから、楽しくないと。
そう思っているうちに簡単な易しいクラブが人気になりました。

低重心アイアン

 

これを鼻で笑うような「口先シングル」さんもいましたが
上がってなんぼ
これですよね。

ロングアイアンは打ち込まないで、低重心アイアンに
任せて払って打って大丈夫です。
低重心はそのイメージで打って、最下点で打つ事が出来るようになっています。

つかまりやすいアイアンが一番です。
それも構えた時に安心できるようなクラブが一番です。

見栄は捨てたほうが楽しくラウンド出来ます。
見栄より大切な事は方向性です。
ラインをイメージして打つようになってから、
さらにスコアはまとまるようになってきました。


プロの試合でもキャディーさんに後ろからチェックしてもらっている
選手がたくさんいますよね。

たまに試合を見に行くと素人なりに気づきがあります。

素人が上達するには
アスリートのためのマニュアルではなく
素人のためのマニュアルがベストです。

今人気のマニュアルがこれ
手っ取り早く90を切るゴルフ上達法!