ロングアイアンは打ち込むのは正解?

ロングアイアンは初心者にとってはとても難しく感じるアイアンです。
そして払うのか、打ち込むのか、これも悩む部分ですよね。

正解はクラブによる

これが正しい答えだと思います。
以前は(かなり前)はアイアン自体のスウィートスポットが
高い位置にあったので、アイアンは打ち込んだ方が
つかまりやすい状態でした。

昔の名器と呼ばれるアイアンは間違いなくスウィートスポットが
高い位置にありました。

今になって思うのは

見栄が先行していたのかなと思います。
ソールが厚いアイアンは初心者が使うもの。

こんな都市伝説みたいな事が言われていました。

昔のブランドでいうと、HONMAやパワービルトなんかは
難しいクラブと言われていた気がしています。

そしてプロは鉛を付けて芯の位置を調整したりしていると聞いた事もあります。

重心が低い易しいクラブを使えばいいだけなんですよね。
当時はソールが薄いアイアンがキャリーバッグからのぞいていると

「あ、この人上級者なんだな」と思ったものです。
そんな上級者に限って、難しい言葉を使って
私のような初心者の目をごまかすww

よく聞いた言葉は
ダフっただけなのに

「噛んだ」という人。

最初の頃はよくそんな聞いたことがないような
上級者の「言葉のワザ」に騙されていました。

薄いソールのアイアンという見栄を取り払った頃から
私個人は、少しずつスコアがまとまってきました。

修行じゃないんだから、楽しくないと。
そう思っているうちに簡単な易しいクラブが人気になりました。

低重心アイアン

 

これを鼻で笑うような「口先シングル」さんもいましたが
上がってなんぼ
これですよね。

ロングアイアンは打ち込まないで、低重心アイアンに
任せて払って打って大丈夫です。
低重心はそのイメージで打って、最下点で打つ事が出来るようになっています。

つかまりやすいアイアンが一番です。
それも構えた時に安心できるようなクラブが一番です。

見栄は捨てたほうが楽しくラウンド出来ます。
見栄より大切な事は方向性です。
ラインをイメージして打つようになってから、
さらにスコアはまとまるようになってきました。


プロの試合でもキャディーさんに後ろからチェックしてもらっている
選手がたくさんいますよね。

たまに試合を見に行くと素人なりに気づきがあります。

素人が上達するには
アスリートのためのマニュアルではなく
素人のためのマニュアルがベストです。

今人気のマニュアルがこれ
手っ取り早く90を切るゴルフ上達法!

手っ取り早く90を切るゴルフ方法

効果的な練習方法なんてあるのでしょうか?
大切なのはグリップ、スタンス、フィニッシュを気にするだけです。
そこにキモがありました。

ドライバーであろうとロングアイアン、フェアウェイウッドでも
基本的にスウィングは全て同じです。

私が決めたわけじゃありません(笑)
その気持をもって練習していけばかなり近道になります。

よく言われるシングルになる条件です。

・子供のときからやっているか、学生時代にゴルフ部に入っていないと無理

・200ヤード以上ドライバーが飛ばないと無理

・最低、週一回コースにでないと無理

・最低でも3日に1回は練習場に行かないと無理

こんな事は普通の人は出来ません。
これに加えて
ダンプ何台か分のゴルフボールを打たないと
シングルプレーヤーにはなれないとも言われています。

でもこのマニュアルは難しいことは何も言っていません。

グリップ

スタンス

フィニッシュ

この3つだけ気にしていれば高確率でハンディを少なくする事が
出来ると言い切ってます。
ほとんどの人が頭でっかちになり過ぎなんです。
グリップだって、スウィングだって同じ事を教えるのに
言い方が人によって違います。

そして自分もそうですが
ある一点の真似をし過ぎです。

インパクトの瞬間の一点
インパクト後の手首の返し
インパクト前のトップからの腕とシャフトの角度

覚えがあるはずです。
プロの分解写真を見て真似をしていた過去が私にもあります。
誰でもあるはずです。


もっと簡単に考えましょうというのがこのマニュアルの考え方です。

大切なことは

グリップ

スタンス

フィニッシュ

フィニッシュで三秒間、弾道を目で追う事が出来るか
それだけでもスコアが変わるなんてちょっと驚きです。

世の中にあるマニュアルはほとんどが正解の理論です。
そこにあるのは、わかりやすいか、難しいかそれだけ。
いいマニュアルはたくさんあるはずです。
しかし継続できるか、それを考えると絞られてきます。

手っ取り早く90を切る方法

 

このマニュアルは、かなり分かりやすい説明、理論で
仕上がっています。

このマニュアルの正しい、使い方、近道

もし、このマニュアルを購入して実践してみるのなら
他の理論、マニュアルを封印することをおすすめします。

このマニュアルだけ実践してみてください。
私が経験した中では最も分かりやすい理論、いい意味で単純な思考です。

難しそうな顔をして練習している人も見かけます。
何がそんなに辛いのでしょう。。。。
本来楽しいはずのゴルフがつらそうに見えます。

まさかあなたは違いますよね。

実践後のあなた

しっかりと、このマニュアルを実践したあなたは、ほぼ間違いなく、
きれいなスウィングが身についています。
そして飛距離も出ています。

だって
気にする部分は

グリップ

スタンス

フィニッシュ

だけですから。

フィニッシュで三秒間弾道を見ることが出来たのなら
間違いなくきれいなスウィングになっているはずです。

これはゴルフの経験がある方なら理解できるはずです。

フィニッシュで止まったまま、弾道を見ることなんて
殆どの人は出来ていません。

力任せのスウィングがほとんどです。
力があっても飛ばない人がいますよね。

簡単なことです。
スウィングが理にかなってないからです。
素人考えだと間違いなく、力がある人は飛ばすと思います。
プロ野球の選手が飛ばしているのを見かけますが、
あの人達は瞬間に軌道修正が出来ます。
だって動体視力が私達とは比較になりません。

ただし、いつも飛ばしているわけではありません。
確率はかなり低くなってます。
プロ野球の選手がゴルフを練習し始めると
メキメキと上手になるという話です。

運動選手はキモになる部分を感覚で理解します。
そして正しいと思った事ならずっと続けます。

それが近道だと分かっているからです。
脇道にそれないで、まっすぐに実践します。
プロのアスリートは飲み込みが早いんですね。

プロのアスリートじゃなくても
正しい理論を続けていけば、嬉しい結果が目の前に現れます。

手っ取り早く90を切る方法

こんなタイトルですが、90じゃなく80も見えてきます。
プロのアスリート用に書き下ろした物ではなく、
一般人のためのマニュアルです。

60歳で身長164センチの人が280ヤード飛ばす
シングルの実力、
それが現実ものになります。

このマニュアルで上達が早い人は
素直な人だと思います。
良いと言われたことを素直に実践するのが上達のコツです。

辛い顔をして
ダンプ何台か分のボールを打ちますか?

私は嫌です。
もっと楽にスコアをまとめたいといつでも思っています。
楽と簡単とは違います、念のため。
ある程度の努力は必要です。でもダンプ何台か分のボールを
打ちなさいと言っている訳ではありません。

楽にスコアをまとめる方法です。
楽・・・・・楽しいと同じ言葉を使ってます。

納得する言葉が書いてあります。

「ゴルフの絶対真理」とは
「ビハインド・ザ・ボール」と、
「インパクト時に左手が真っ直ぐになっている」、ということです。

手っ取り早く90を切るゴルフ